カウンセラー


代表 三輪幸二朗 (臨床心理士)  

博士後期課程 単位取得後退学 現在、私立大学非常勤講師を担当

所属学会:日本心理臨床学会日本ユング心理学会

私は精神科領域で主にカウンセリングや心理検査を担当してきました。
ほかにも病気との付き合い方を学ぶ勉強会や、病棟で患者さんと集まって話をする会、集団でのアートセラピーなども行ってきました。
診断名として精神病や人格障害など、重いとされる症状を抱えておられる方々と関わってきました。

このような仕事をするなかで私が大切にしてきたことは、どれほど大変な事態であっても相談者の内側に「人生を変えようとするこころの力がかならず働いている」ということです。
潜在するこころの力を支え、引き出し、育てることがカウンセラーの役割だと考えております。

悩みを抱えておられる方は、自分ではどうしようもない事態だと考えて来談されるのですが、そのような場合であってもカウンセラーは「事態が変わる可能性はかならずある」と肯定的な見通しを持ち続けます。

話を聴くことがカウンセラーの仕事ではありますが、それ以上に相談者に備わっている可能性を信じつつ傍らにいることが大切だと思っております。

心理臨床の専門家として、病院では医師や看護師のほかにも精神保健福祉士、作業療法士、さまざまなスタッフと働いてきました。
日々の臨床活動を社会に貢献するために研究活動、学会や研修会への参加及び発表、ほかにはスーパーヴィジョンや大学での講義など後進の教育活動にも携わっています。

もしカウンセリングやこころの悩みについて関心をお持ちの方は、ぜひご連絡ください。ともに心の力を育てましょう。

発表論文 (査読あり)
 共著(2015) 「自閉的な統合失調症者と絵本を読むグループ活動の試み」 心理臨床学研究
 三輪幸二朗(2017)「スーパーヴィジョンと相互参究」 心理臨床スーパーヴィジョン学
 三輪幸二朗(2020)「精神科実践における場とアクティヴ・イマジネーション」臨床ユング心理学研究




タイトルとURLをコピーしました